Xinomavro Naoussa

ナウサとそのブドウ園がある地域です。

ナウサは、西マケドニアの中心部、ヴェルミオ山脈の東部に位置する魅力的な風景に囲まれた町です。

ナウサへようこそ

ワイン、カルチャー、歴史の町!

ナウサには、天然の湧水が豊富で、針葉樹やブナの木が生い茂る緑豊かな森林があるため、周辺は常に涼しい気温となっています。リンゴ、サクランボ、桃などのおいしいフルーツを実らせる果樹園が広がっています。

この地域の生活様式は、肥沃な土地と独自の文化が相互に結びついたものです。その中で、数世代も続いているワイン農家は、地域社会に貢献し、豊かな家庭生活を築き上げています。

ナウサのブドウやワインのルーツは、「ナウサのブラック・グレープ」 と呼ばれるクシノマブロの最も重要な産地であるヴェルミオ山の緑豊かな斜面にあります。

この伝統的で高貴な赤ブドウの品種からは、コクのある堅実なワインが生産されます。

神話によると、ヴェルミオ山は、ブドウとワインの神ディオニューソスの母セメレの故郷であり、ディオニューソスと深い絆で結ばれている仲間であり友人でもあるシレイヌスが放浪していた地域だといわれています。

遺跡のある町

町周辺に点在する重要な遺跡が発見されると、町の重要な歴史が明らかになりました。最も重要な発見の一つは、哲学者アリストテレスが教鞭を執った、ブドウ園の中央に位置するミエザの学校です。また、レフカディアで発掘された有名なマケドニアの墓もあります。

経済的な発展

19世紀後半以降、ナウサの町は織物、貿易、農業の分野で目覚ましい発展を遂げました。絵画のように美しい町ナウサ。地域の人々は、今も残る歴史的で重厚な建物と、マケドニア独特の瓦屋根が続く町並みを誇りとし、喜びとしています。

カーニバルシーズン

毎年 3 月、復活祭の 6 週間前に、悪霊を追い払いブドウの神に恵みを与える儀式として、カーニバルが開催されます。地元の住民は、町の狭い路地を踊りながら 「ジェニトーリとブール」 の伝統を祝います。ヴェルミオ山の南東部の斜面に、次々と新しいブドウ畑が広がっている今でも、この儀式は現代的なナウサ文化と調和しながら行われています。

ワインメーカー

1930 年代に、ブドウネアブラムシによる被害を受けブドウ畑が荒らされたものの、ナウサのワインメーカーは、地元のブドウ 「クシノマブロ」 の生産に情熱を注いできました。1960 年代の終わり頃、地元のブドウ園は、より強く回復力のあるブドウの木を再植樹しました。1970 年代初頭、ナウサのブドウ園に新しい息吹が吹き込まれ、ワインの産地として再び生まれ変わりました。生産者は、最新の技術を用いて、土壌、活力、地形学、その他の詳細データを活用し、品質と収穫量の向上を図る精密農業の原理を導入しました。

ワイン製造業者は、世界各地のワイン産地の優良事例を懸命に探し、参考にしました。 新しいブドウの木は、様々な地域のブドウ園のニーズに対応するためにマッピング技術に基づいて栽培されました。 栽培状況が改善され、最新のワイン醸造技術を活用した近代的な施設が建設されました。

EUとギリシャによる共同出資プロジェクト